イベント「その交渉は平和のために」感想・攻略:難易度の高いエクストラクエスト

2019年5月8日メギド72, イベントクエストイラストあり

落ち込むバラム

EX-3の怒涛のチェイン攻勢がきつかった!
チェイン関係のメギドも増えてきたので、そろそろちゃんと使ってみたいものです。
ハイドロボム、チェイン、協奏と次々に新しいタクティカルソートが登場しているけど全然使いこなせてない…。

イベントストーリーまとめ

あらすじ

イベスト01

王宮からの命を受けて幻獣退治に乗り出したソロモン一行は、道中でヒュトギンというメギドと出会う。
「交渉官」である彼の目的は、ソロモン王と協力関係を築き、ハルマゲドンを遅らせることだという。
トーア公国に潜むメギドラルの諜報員を探し出すために、ソロモンは交渉のテーブルに着くことになる。

一方、渦中のトーア公国では、野心に燃える君主・アイゼンが、エルプシャフトからの独立を目論んでいた──。

「調停者」と「交渉官」

イベスト02

今回のイベントをひとことで表すと、「交渉官」ヒュトギンvs.「調停者」バラム。
メギドの日や1周年以外を除いて、イベントストーリーに不死者が出てくるのは初めてですね。
相変わらず人望がなくて、仲間から冷たい仕打ちを受けていたものの、調停者らしい見せ場もたっぷりでした。

また、エルプシャフトの領土問題がテーマということで、王さまやカマエルを中心としたハルマ勢の登場も多く、いつもと少し違う雰囲気に仕上がっていました。

「変わり者の画家」と「普通の少女」

本イベントでのリジェネレイトメギド(予定)はストラス。
周りから浮かないようにひたすら「普通」であることを望んでいたストラスですが、我が道を行く絵師・バールゼフォンと出会い、心境に変化が生まれます。

ストラスの裏番ネタはとんちきピックアップだけかと思いきや、イベントでも「喧嘩無敗のストラス様」扱いされていて笑ってしまった。

配布メギドはヒュトギン(バースト)

ハイドロボムのテコ入れ?

ヒュトギン 召喚

先行公開された勝利画面から美容オタクのナルシストかと思いきや、全然そんな要素がなかったヒュトギンさん。
性能的には、ハイドロボムと状態異常耐性&回復。
ボムの威力を40%アップするヤケクソ気味の奥義をお持ちです。

ハイドロボム、チェイン、協奏と次々に新しいタクティカルソートが追加されていますが、どれも全然使いこなせてないなぁ…。
チェインと協奏はまだ手持ちが少ないというのもあるけど。

メギドストーリー感想

メギスト01

イベストの後日譚。
コラフ・ラメルを訪れたヒュトギンがバラムとパスタを食べる話。
行動や立ち位置的に何かとキャラ被りが激しい二人ですが、食べ物の好みもまた被っていたようです。
牛乳の炭酸割りはやめろ。

メギスト02

戦争嫌いのヒュトギンが「武闘派」のマラコーダに仕えるようになった経緯や、ダンタリオンとの再会も描かれています。
ヒュトギンとダンタリオンは共に「対話派」の同志であり既知の存在だったとのこと。
ルネちゃんのスカートからひょっこり出てくるダンタリオンがかわいい。

EX-3 「アクション・ペインター」全員生存クリア

金冠クリア編成

EX-3クリア編成
  • ハルファス(バジリスク)
  • ブニ(盾の幻獣体ブニ)
  • フルカス(レッドウィング)
  • フォラス(祈祷獣)
  • サキュバス・バースト(レッドウィング)

ひとこと

今回のエクストラクエストは難易度が高かった!
EX-3は全員生存のミッションがあったので頑張りました。
なんだあの怒涛のチェイン攻勢は…。

祈祷獣で後列を引き寄せてから、ハルファスの奥義で一気に叩きます。
虫系特効のバジリスク装備でダメージアップしつつ、フルカスのマスエフェクトで硬い防御を貫通。
さらに、フォラススキルでアタック強化、オーブのレッドウィング×2で攻撃力アップとフル強化してやります。
サキュバスのポジションは、ハルファスより足が速いバーストなら誰でも。

バジリスクが星1止まりなのでワンパンは出来ないものの、一回の奥義でほぼ壊滅状態まで持っていけます。

ありがとうCM記念キャンペーン

マルコシアス(バースト)召喚
バルバトス(ラッシュ) 召喚

CM記念キャンペーンとして、期間中は1日1回ガチャが無料なのですが、なんと既に2柱も新規メギドが!
どちらも初期メンのリジェネレイト版なので、とくにメギストを読むのが楽しみ。
リジェネシャックスのためにガチャ禁中なので、久しぶりに新しいメギドが来てくれてうれしい。

当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。
©DeNA Co.,Ltd.