イベント「小さな君に、伝えたいこと」感想:過去のボーと今のズー

2020年9月1日イベント感想

イベント「小さな君に、伝えたいこと」仮TOP

ジズが初登場するイベント「嵐の暴魔と囚われの騒魔の実質的な続編です。
常設されているので、そちらを先にクリアしておくことを強く推奨します。
メインストーリー6章のネタバレもかなり含まれているので、まだの人は要注意。

イベントストーリー感想

あらすじ

イベント「小さな君に、伝えたいこと」 ストーリー感想01

「嵐の暴魔」の再来とされる事件が発生し、ソロモンたちは調査に乗り出す。
ちょうどその頃、ジズは力のコントロールが不安定になり苦しんでいた。
原因究明のためジズの夢に潜ることになるが、そこで、封印されていたはずの「かつてのジズ」と邂逅し──。

コンセプトアート&キャラソンあり

今回のイベントは、コンセプトアート&キャラソンありの豪華仕様。
BGMの選曲も凝っていて、かなり気合が入ってるのが伝わってきました。

アイドルであるプロメテウスが歌うのは予想がついたけど、まさかジズとベヒモスまで歌うとは。
「生まれてきて、ありがとう」という、シンプルで力強いメッセージが印象的でした。

過去のジズとベヒモス

イベント「小さな君に、伝えたいこと」 ストーリー感想02

ストーリーでは、謎めいていたジズの過去が明らかになります。
ジズはベヒモスと旧知の仲であり、彼と同じく幻獣からメギドになった存在だったようです。
大人のお姉さんなジズに、子犬のベヒモスが軽くあしらわれてる姿が新鮮で良かった!

過去のジズと今のジズ

イベント「小さな君に、伝えたいこと」 ストーリー感想03

今のジズが生まれてきたことを全面的に肯定する必要があるのは分かるのですが、その結果、過去のジズが蔑ろにされているようで残念でした。

「物わかりがいい大人」すぎたことを反省しながら、過去ジズには「物わかりがいい大人」であることを求めてない?
「今のジズを否定することは、他の仲間も否定すること」と言っていたけど、「メギドのジズが主人格になる」のを(実質的に)否定していたのは、追放メギドの魂のあり方を否定することにはならない?
自分の理解力が足りないせいもあるけど、この辺の対話シーンがどうにも上手く呑み込めなかった…。

イベント加入メギドはセーレ(ラッシュ)

セーレ(ラッシュ)召喚

久しぶりのイベント配布メギドはセーレおにいちゃん。
強力な固定ダメージ付与ができるサポーターで、カウンター版と同じく状態異常治癒技も備えています。

弊アジトには「封印」と相性のいいメギドがいないので、今のところちょっと運用が難しそう。
4ゲージで奥義→覚醒スキルと持っていくのは、なかなか大変です。
アマゼロトがいれば、また使い勝手も違うのかな。

セーレ(ラッシュ)キャラスト感想

セーレ(ラッシュ)キャラスト感想01

ダディオの一言から、「空の果て」に行く方法を探すことにしたセーレ。
フォラスらと共に向かった「空の果て」の民の遺跡で、セーレが見たものとは──。

配布セーレの奥義が謎だったですが、実はキャラストと関連した演出だったんですね。
(※9/4追記 デザイナーだよりによると、実際はベリトBのキャラスト由来だったようです。)
「箱舟」だと思われた遺物は実はトイレだと判明するのですが、あれって現代の仮設トイレ的なもの?
だとしたら本当にとんでもない発見ですが、果たして…。

当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。
©DeNA Co.,Ltd.