【メギド72】メインクエスト7章2節・VH金冠クリア編成と攻略ポイント

2019年11月6日メギド72, メインクエスト

リヴァイアサン メギド体

おかーさんのメギド体、クジラモチーフの神秘的なデザインで好き。

今回はベリアルの固定砲台にかなりお世話になりました。
点穴を加速させられるメギドがいないので、サラとかサタナキアとか欲しくなるなぁ…。

65-4 総長ウィチセ

金冠クリア編成

65-4 総長ウィチセ
  • アンドロマリウス☆6 (ミミックLv.9)
  • クロケル☆6 (キャスパリーグLv.9)
  • バルバトスR☆6 (インサニティLv.11)
  • グシオンB☆6 (キャスパリーグLv.)
  • サキュバスB☆6 (アビスハンターLv.1)

ひとこと

取り巻きがスキルで全体凍結を仕掛けてくるので対策が必須です。
ユフィールがいないので、アビスハンターを持たせたサキュバスBを採用。
毎ターン後列にスキルを使って、状態異常を予防します。

全体攻撃で取り巻きが一掃されるとボスの攻撃力が大幅アップしてしまうので、 大協奏状態のグシオンBのスキルでしのぎます。
後列の攻撃を1回無効化できるので、かなり助けられました。

66-4 番魚を超えて(大王吾妻戦)

金冠クリア編成

66-4  番魚を超えて(大王吾妻戦)
  • サブナック☆6 (サタニックリブラLv.11)
  • マルバス☆6 (クルルLv.11)
  • ベリアル☆6 (真珠姫ルゥルゥLv.11)
  • フォラス☆6 (ヤクトフレッサーLv.1)
  • ガープ☆6 (シアンカラットLv.9)

ひとこと

かばうを無視する5連攻撃(感電付き)のスキルが非常に凶悪。
ウァラクさんのマスエフェクトで地形無効化できるとかなり難易度が下がるステージです。
ウァラク未召喚なので、サブナックのスキルとマルバスの奥義で守りを固めてしのぎました。

全体地形で敵の地形を上書きしてやると大幅に弱体化するので、フォラスにRオーブ・ヤクトフレッサーを持たせることに。
3ターン目冒頭に敵をシフトさせたら、後は敵の奥義にだけ注意しつつ、ベリアルの固定砲台で削りきります。

67-4 崩壊する海(カイル戦)

金冠クリア編成

67-4 崩壊する海(カイル戦)
  • サブナック☆6 (サタニックリブラLv.11)
  • マルバス☆6 (クルルLv.11)
  • ベリアル☆6 (真珠姫ルゥルゥLv.11)
  • フォラス☆6 (イービルアイLv.1)
  • ガープ☆6 (ベインチェイサーLv.11)

ひとこと

ボスがスキル一つで全体化を付与してくるので要注意(全体化の全体化もあり)。
フォラスなら特性のおかげで、毎ターンイービルアイで強化解除できてお手軽。
前列に多めにフォトンを積んでターゲットを誘導しつつ、固定砲台とベインチェイサーでボスから倒しました。

大王吾妻戦とほぼ同じような編成で行けたので、7章2節クエストの中では一番簡単でした。

68-6 リヴァイアサン

金冠クリア編成

68-6 リヴァイアサン
  • フォラス☆6 (ヤクトフレッサーLv.1)
  • アムドゥスキアス☆6 (ケイブキーパーLv.1)
  • アスモデウス☆6 (バロンニャーLv.11)
  • ガープ☆6 (サタニックリブラLv.11)
  • ラウム☆6 (災厄の魔櫃Lv.1)

ひとこと

敵の「海魔の加護」がかなり厄介なので、全体地形効果を付与して上書きしてやります。
大王吾妻戦と同じく、Rオーブ・ヤクトフレッサーの技を利用。

最初の2ターンのうちに、アスモデウスとフォラスの覚醒を溜め、全体化とアタック強化をなるべく済ませておきます。
3ターン目に、ヤクトフレッサーで突風を付与してから、全体化アスモデウス奥義。
災厄の魔櫃でアスモデウスにチャージを乗せて、次のターンに再び奥義で終了。
(ボスの奥義で降りだしに戻ってしまうよで、発動させないように注意!)

当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。
©DeNA Co.,Ltd.