復刻イベント「ソロモン誘拐事件・悪夢編」感想・攻略:サーヤに恋する101年

2019年6月19日メギド72, 復刻イベントクエスト

サキュバス スキル

次の復刻はプチマゲドンかと思いきや、悪夢編の2回目の復刻が来ましたね。
サキュバスやカスピエルの水着スキンが予定されているので、それに合わせたのかな。

とにかくサーヤが愛おしくなるストーリーなので、このタイミングで復刻されたら、指名チケットでサキュバスを選びたくなるよなぁ…。

イベントストーリーまとめ

あらすじ

悪夢編ストーリー01

ヴァイガルドに潜入し、ソロモン王を生きたまま捕える任務に就くことになったアガリアレプト、サキュバス、リリムの三人組。
アガリアレプトの案は、夢の中でソロモンを籠絡し、思いのままに操れるようにするというもの。
予想外なソロモン王の意志の強さに手こずりながらも、計画は順調に進んでいるかに思われたが──。

夢の中は別の顔

悪夢編ストーリー02

今回のイベントは、ストーリーの大半がソロモンの夢の中で進行するという、一風変わったスタイル。
三人娘の介入を受けた夢の世界ということで、おなじみの登場人物たちの様子もどこかおかしい。
シャックスが幸福体質だったり、マルコシアスが悪に手を染めようとしていたり…。
マルバスがハルマの残党として「キィイーーーーー」と襲ってくるあたりは、展開を知っていても笑ってしまう。

悪夢編ストーリー03

しかし、いくら夢の中とはいえ、ソロモンに罪のないヴィータを殺させるという展開はなかなか…。
初見時はゲームを始めて間もない頃だったので、軽く流し読みしていたけど、今読むと本当に悪魔の所業だなぁ…。

101年の恋の宛先

悪夢編ストーリー04

本イベントの中心人物は、なんといってもサキュバス(サーヤ)!
ソロモンを罠にはめるはずが、逆に自分がほだされてしまうサーヤが可愛いくて切ない。
とくにラストの台詞が印象的でした。
一般的にサキュバスというと露骨なお色気キャラが多いけど、こういうスクールカーストが高そうな普通のモテる女の子っぽい設定は新鮮。

何の憂いもない夢の世界だからこそ、サーヤと101年ものんびりイチャイチャできたわけだけど、現実のソロモンは恋愛どころではないんだよなぁ…。

配布メギドはアガリアレプト(バースト)

速攻はお手の物なカポエラファイター

アガリアレプト

イベント配布メギドはサーヤ…ではなく参謀のアガリアレプトさん。
とにかくおみ足が美しいお方です。
マスエフェクトの覚醒-2が非常に強力で、速攻で敵を撃破したい時によくお世話になっています。

うって変わって、本人の性能は完全に長期型。
6ターン目以降はかなり強い能力なのですが、そこまで戦闘が長引くこともまずないので、基本的にマスエフェクト&オーブ役での採用が多いです。

メギドストーリー感想

アガリアレプト メギドストーリー

ソロモンがトイレに行っている5分の間の出来事。
アガリアレプトが時止めの能力を存分に生かして、立てこもり中の盗賊らから人質を救い出します。
自らの能力への過信がもたらした、過去の後悔についても。

こうやって改めて描写されると、アガリアレプトの「時を止める」という力は本当にチート!
リリムの夢見の力やサーヤのチャームなど、ソロモンの指輪の支援がなくても異能を発揮できるというのは、やっぱり普通の追放メギドとは違うところですね。

EX-3「ぷにぷに魔風船」攻略

クリア編成

EX-3「ぷにぷに魔風船」編成
  • アンドレアルフス(インサニティ)
  • フォラス(キャスパリーグ)
  • パイモン(ミミック)
  • マルバス(アビニシアン)
  • アンドロマリウス(ミミック)

ひとこと

今回の復刻で新しく追加された高難易度クエスト。
「これはハイドロボムの出番か…?」と思ったものの、結局、固定ダメージ&全体化で倒しました。まず、アタック強化をかけたアンドレアルフス奥義で固定ダメージを付与。
あとはフォラスの覚醒スキルでアンドレアルフスを全体化し、ひたすらスキルフォトンを積むだけ。

こういうクエストで編成を練っていると、やっぱりフォラスは便利すぎる…。
全体化だけでも強力なのに、アタック強化にオーブ-1に防御無視と性能盛り盛りですわ。

当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。
©DeNA Co.,Ltd.