復刻イベント「傀儡の王と操られた花嫁」感想:セクシーなのとキュートなの

2019年4月24日メギド72メギド72復刻イベント

ゼパル イラスト

どっちも好きです。

初のリジェネレイト体となったメギドは愛すべきクズフラウロス。
イベント専用BGMのクーズ♪がとても印象的で好き。
設定的にかなり重要なイベントなので、できれば常設してほしいところです。

イベントストーリーまとめ

あらすじ

「傀儡の王と操られた花嫁」ストーリー01

パラデイ地方で起こっている異変の調査・解決すを任されたソロモン一行。
廃墟となった街を探索しているところを、味方のはずのゼパルに強襲される。
鉄の人形から現れた少女・ティアマトと共に異常事態の原因を探る中で、パラデイ地方の一領主である「傀儡の王」シャルルがこの一件に絡んでいることが判明。
ゼパルとフラウロスは、過去にシャルルと何らかの因縁があるようで──。

まさかのゼパル洗脳展開

「傀儡の王と操られた花嫁」ストーリー02

予告なしに登場したリジェネレイト・ゼパル。
キモオタに洗脳NTR(?)されるという怒涛の展開に、世のゼパリスを阿鼻叫喚の渦に叩き込んだいわくつきのイベント。
引き直しガチャにも登場する人気キャラなのに、随分と思い切ったことをするなぁと思ったものです(触られてないアピールはしっかりしていたけど…)。

重要な「リジェネレイト」解説回

「傀儡の王と操られた花嫁」ストーリー03

「リジェネレイト」の概念は今回のイベントが初出。
なぜリジェネレイトが起こったのかという考察やリジェネレイトによる変化について語られています。
最近では当たり前のようにリジェネレイトしたメギドが登場しますが、このイベントを読んでいないと正直分かりにくい。
1周年の保健教室イベントなども含め、重要な設定がバンバン出てくるイベントは常設して欲しいところです。

正真正銘のクズと結婚願望少女

「傀儡の王と操られた花嫁」ストーリー04

シャルル様はキモいけど、ゼパルに対してはかなり一途でしたね。キモいけど。
彼は、ゼパルを手に入れるためにメギドラルに協力し、人体改造によって人形に魂を封じて操る力を身につけます。
相次ぐ行方不明者や幻獣騒ぎの一件は、すべてシャルルによるものだったわけです。

まぁ洗脳されてないゼパルはシャルルなんか大嫌いで、むしろフラウロスと仲良くしていましたけどね。
ゼパルのやたらとカバンを掴むクセがかわいい。
ストーリー中でも言われていたように、フラウロスが振り回されているのが新鮮だなぁ…。

配布メギドはフラウロス(バースト)

初リジェネレイトのハイドロボム使い

フラウロス(バースト) 奥義Lvアップ

初のリジェネレイトメギドとなったフラウロス。
「なぜクズが最初に?」「今ならクズが無料!」などと言われまくっていました。

かなり前に手に入れたメギドなのですが、実はいまだに星3までしか育てていません。
ハイドロボムの仕組みが分かりにくい&使いにくいし、今のところあまり必要性を感じないので…。
大幻獣・アイニャの攻略にHボムが必須らしいので、アイニャを周りたくなったら育てるかなぁ。

メギドストーリー感想

ユーゴとアンナ

イベストで言及されていた「2年前」の出来事は、こちらで語られています。
シャルルの放った追手から逃げていたアンナ(ゼパル)が、たまたま出会ったユーゴ(フラウロス)に助けられるというお話。

とはいえ、フラウロス的には、自分の借金をチャラにするためにシャルルをボコっただけで、ゼパルを救おうという気はゼロ!
粗暴に見えて実は善人──という展開は一切なく、徹頭徹尾ただのクズなチンピラで、逆に安心しました。

EC-4「傀儡の王シャルル&バルブブルー」

周回編成

EC-4編成
  • バエル(水樹ガオケレナ)
  • マルバス(青竜号)
  • アスモデウス(水獣ソーサラー)
  • ガープ(サタニックリブラ)
  • フォラス(水獣ソーサラー)

ひとこと

EC-4撃破

今回のステージは優秀な青真珠養殖場とのことなので、手動でちょこちょこ周ってみました。
敵が海洋生物とくれば、特効持ちのバエルの出番!
青竜号でシャルルに滞水をかけ、フォラスで全体化したバエル奥義で全体をワンパンできます。
だいたい2ターンで安定して討伐が可能。

前回はプレイ開始から1か月ほどだったので、かなり苦戦した覚えがあります。
今は星6メギドやオーブも増えてかなり成長したなぁ…。

当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。
©DeNA Co.,Ltd.