復刻イベント「怒れる勇者とプチマゲドン」感想:リジェネシトリーさんのキャラストは必読

2019年8月19日メギド72, 復刻イベントクエスト

シトリー(ラッシュ)奥義

前回のイベントでいきなりラップをぶちかましてくれたシトリーさんが主役のイベント。
イベストを読んだら、そのままシトリーさんのキャラストまで全部読むのがおすすめ。

イベントストーリーまとめ

あらすじ

イベントストーリー01

ソロモンともっと親しくなりたいアスタロトは、シトリーの助言を受けて食事会を開催することに。
だが、立ち寄った街に、突然奇妙な幻獣が現れ、次々と騒動を起こしていく。
メギドラルの陰謀を警戒するソロモン一行だが、幻獣たちの行動はまるで小さな子どもの悪戯のようなものばかりで──。

気楽なハロウィンイベント

イベントストーリー02

イベントの冒頭は、100年もの間、美しい姿を保ったままの少女・ローゼの遺体が盗まれるというところから始まります。
「これはシリアスホラーな展開か?」とドキドキしていたのですが、フタを開けてみると、ギャグ寄りのドタバタハロウィンイベントでした。

幻獣たちが引き起こした騒動もタチの悪い悪戯レベルだし、黒幕のインプへの制裁もお尻ペンペンというほのぼのしたもの(シトリーさんの全力ペンペンは強烈そうだけど…)。
メギドのシナリオは、うっかりしているとすぐモブが死んでしまうことが多いので、こういうゆるいのもたまにはいいですね。

食べ物の恨みは恐ろしい

イベントストーリー03

今回のイベントはこの一言に尽きる。
ハンバーグを始めとする美味しい料理をめちゃくちゃにされた怒りからリジェネレイトしたシトリーさん。
伝説級に強くてかっこよくて美形なのに食いしん坊キャラというギャップがかわいい。

このイベントだけだとギャグキャラのイメージが強すぎるので、後述するシトリーさんのキャラストーリーもぜひ読んでみてほしいです。

配布メギドはシトリー(ラッシュ)

シトリー(ラッシュ)

カウンターシトリーはバリバリの雷属性だったけど、リジェネレイトしてハイドロボムキャラへと生まれ変わりました。
ハイドロボムはまったく触っていないので、性能に関しては何とも言えない…。
ボムをやるなら育てて損はないキャラのようです。

デザイナーだよりvol.9によると、「潜水服」と「水鳥」をイメージしたデザインとのこと。
シトリーさんなら素潜りで腕一杯の海産物を拾ってきてくれそう。

キャラストーリー感想

シトリーとマモン

キャラストーリー01

メギドの個別ストーリーは、キャラによってクオリティにかなり差があるのですが、今回のシトリーのお話はとても良かった!

まず、冒頭から友人である8魔星・マモンさん(美しい)が登場。
シトリーは普通に無実の罪で追放されたのかと思っていたのですが、マモンによる提案を受けての自発的なものだったんですね。
メインストリーはこれからメギドラル編に入るみたいなので、早く2人が再会したところが見たいなぁ。
この2人が並んでいると絵面が美しすぎる…。

シトリーとマリアナ

キャラストーリー02

自らヴィータに転生する道を選んだものの、失意の日々を送っていたシトリーさん。
偶然にもとある街を盗賊から救ったことから、彼女の人生は大きく変化することに。
シトリーが料理は「美味しいもの」であるということを学び、食べることの楽しみを知る経緯が描かれています。

シトリーがわざと突き放した友人・マリアナが、おばあちゃんになっても彼女のことを忘れずに、美味しい料理を作り続けていたというのがグッときた…。
マリアナの作ったショートケーキをきっかけに、シトリーがヴィータとしての半生を思い出すというくだりもいい。

この槍はね、拾ったのよ

キャラストーリー03

シトリーさんと言えば謎の「拾った槍」。
このハルマニア製の槍を手に入れるまでの過程も描かれています。
ヴィータの身体一つでどうやって幻獣をなぎ倒してきたのか不思議だったのですが、その秘密は武器にあったんですね。
最近はラップなどでトンチキイメージが強かったけど、やっぱりめちゃくちゃかっこいい人なんだよなぁ…。

これまでシトリーさんにはそれほど思い入れがなかった(弊アジトにいなかったので)のですが、このキャラストーリーを読んで一気に好きになりました。
メギドのシナリオやシトリーさんの魅力が詰まっているので、とてもオススメです。

当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。
©DeNA Co.,Ltd.