【不死者育成】アスモデウス星6進化!ドゥームは一番面白い大幻獣討伐かも

2019年3月23日メギド72, メギド育成(不死者), 討伐クエスト

アスモデウス 勝利画面

先月の話になりますが、不死者アスモデウスをようやく星6まで進化させました。
育成難易度は断トツに高いものの、苦労するだけの価値はあります。
不死者コンプリートまで残りはベレトだけ!

ラスボスがそのまま味方になったような性能

アスモデウス 奥義

アスモデウスの謎のジョジョ立ち奥義。
高い攻撃力から繰り出される6倍超の攻撃というだけでも強力なのに、突風効果が加わると12倍に!
しかも自身のHP1/3以下だと、すべての攻撃が全体化!

アスモデウスの初陣はジンさん戦(復刻4冥王イベ)だったのですが、あまりの強さにびっくりしたのです…。

スタミナドリンク○本分のレア素材

古代の種火

育成に関しては、後述する大幻獣の素材はもとより、フィールドレアの素材も大変だった…。
とくにスタミナを吸い取られたのが、古代の種火×2!

あまりにもドロップしなくて、途中からクリア回数を数えていたのですが、軽く100周はかかりました。
VHは消費ST24なので、これだけでスタミナドリンク50本近く費やしたことに…。
時間の余裕があるならリタマラするのも手だと思います。

ドゥーム戦攻略のポイント

ドゥーム

アスモデウスの育成に対応した大幻獣はドゥーム。
こちらは他の大幻獣に比べて、特にギミック性&難易度が高くなっています。

束縛を絶やさないようにしつつ、各面に対応した状態異常を入れていくのがセオリー。
出る面によって能力がガラッと変わるので最初は覚えるのが面倒ですが、慣れてくるとなかなか楽しい。
状態異常をたくさん入れてやると、こちらの攻撃倍率が上がるので、普段お目にかかれないような大ダメージが出ます。
ドゥームはギミック性の高さと攻略の楽しさが両立していてよかったなぁ。

貴重なバラム大活躍の場

バラム 覚醒スキル

ドゥーム戦で役立つメギドといえばバラム。
束縛をはじめとして各種状態異常を使えるので便利なのですが、そのバラムを育成するまでの過程がまた大変…。
バラムを育成するためのベリアルを育成するためのバエルを育成するところから始めなければいけません。

もちろん手持ちによってはショートカットできるし、素材集めだけならコルソンやアマイモンたちでも…。
まぁせっかくのバラム活躍の場だし、バラムを使うのがおすすめではあります。
エンブリオ不要勢は最終的に全員育成することになりますしね。

ドゥーム討伐編成

ドゥーム討伐編成
  • シャックス(レゼルボア)…感電・病気
  • オセ(ミミック)…毒・アタッカー
  • バラム(バブルウォーズ)…束縛・めまい・感電・ 暗闇
  • カスピエル(キャスパリーグ)…束縛
  • フラウロス(パイロダンサー)…めまい・呪い

ドゥームのオーブは取るつもりがなかったので、討伐はすべてVH。
スキル一つで状態異常をいれられるメンバーを集めたド安定パーティーです。

1ターン目にカスピエルのスキルで束縛、フラウロスのスキルでめまい。
覚醒が貯まったら、主な状態異常役はバラムに移行。
メインアタッカーは自己完結型のオセ。
VHなら毒も入るし、余りがちなアタックフォトンで活躍してくれるのがいいですね。

メギドストーリー感想

アスモデウス メギスト01

怪物・アスモデウス討伐戦。バラムもいるよ。
二つ名&特殊能力持ちのヴィータの超人たちが続々登場するあたりは、少年誌的なノリでした。
ストーリーがストーリーなので、おなじみの絶叫&断末魔描写も多め。

アスモデウス メギスト02

あのアスモデウスが追い詰められる状況というのは新鮮だったけど、当然薄いブックス的な展開になるわけもなく。
一番悲惨な最期を迎えたイモータルさん…。

アスモデウス メギスト03

一番印象に残ったのは指輪保持者のクズっぷり。
今、あの善良な少年がソロモン王になっているのは奇跡なんだなぁ…と。
(このストーリーは、バラムが追放されて間もない頃の話なので時系列的に本編よりかなり前。)

当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。
©DeNA Co.,Ltd.