『メギド72』プレイヤー向け!『東京ドールズ』のススメ

2019年6月7日メギド72, 東京ドールズ

【DOLLS】シャックス
UR【DOLLS】風シャックス
【執行人形】ティアマト
UR【執行人形】風ティアマト

「メギド72は面白いけど、ちょっとやることが無くなってきたなぁ…」という方へ。
メギドのサブゲーを探していて出会った、『東京ドールズ』というゲームをオススメしたい!
難易度高めで試行錯誤が楽しいバトルシステムなので、メギドプレイヤーにもぜひ一度プレイしてみてほしいです。

オススメする理由を簡単にまとめると…

  • ゴリ押しが通用しない頭を使うバトル
  • モデルやモーションの出来がいいターン制3DRPG
  • メインゲームの合間にサブゲーとして気軽に遊べる
  • ソーシャル要素なし!いつ始めても楽しめる
  • 運営が良心的で無課金プレイ余裕

ソロモン王向けに、主にバトルやシステム面にポイントを絞って紹介しています。
魅力的なゲームなのにとにかく知名度が低いので、もっと多くの人に知ってもらいたい!
今月22日の2周年に向けてバラ撒きが始まっているので、始めるなら本当に今!

ポイント1: バトルが面白い!

最高レアよりも「カードの多様性」

歌付きのこだわりスキル演出も(タップでスキップ可)
歌付きのこだわりスキル演出も(タップでスキップ可)

最高レアのカードや武器を、適当に編成しただけでは勝てないゲーム。
敵がさまざまなギミックを使ってくるので、 クエスト内容によって多様なカードが活躍します。
とくにSSRカードを幅広く揃えることが重要!戦略が広がりバトルの面白さが増します。

SR~SSR以上確定のガチャチケットが頻繁に配布されるし、ガチャも良心的(低コストで天井可)なので無課金でも大丈夫!

「個性豊かなクラス」 を使いこなす

フィール(感情)を与えることでクラス取得
フィール(感情)を与えることでクラス取得

カードの次に重要なのが、キャラを大幅に強化するクラススキル(ジョブ的なもの)。
それぞれのキャラに9種類ずつの固有のクラスが存在し、装備するクラスによってキャラの性格も変化!
デレたりツンになったり、不安になったりとさまざまな表情をみせてくれます。

必ずしも上位クラスが最強というわけではなく、クエスト内容や使用するカードに応じた使い分けが必要です。

「戦略的な編成」で勝算を掴め!

スキル使用タイミングなど立ち回りも大切
スキル使用タイミングなど立ち回りも大切

カードやクラススキル、武器等をいかに編成するかが攻略の決め手。
敵の多彩なギミックに対応する必要があるので、一つの編成だけでは通用しません。
難しくて手こずるクエストでも、少し編成を変えてやるだけで嘘のように勝てるようになる爽快感!

ゲームのジャンルは「タップアクションRPG」ですが、どちらかというと詰将棋やTCG(カードゲーム)っぽさがあります。
アクション要素はあるものの、やっぱりバトルの肝は編成と立ち回り。
タップアクションは下手でも何とでもなります。

ポイント2:「やりこみ系」のダンジョン

「高難易度」で試行錯誤

4層まではチュートリアル5層からが本番
4層まではチュートリアル5層からが本番

このゲームのコンテンツの中で、個人的に一番おすすめなのが「新宿奈落」。
だんだんと手ごわくなっていくクエストを攻略していく高難易度ダンジョンです。
前述のバトルの魅力を一番に感じられるので、メギドのバトルが好きな人には特におすすめ!

第5層からは難易度が特に高くなっているので、それなりにゲームをプレイしてカードを収集&育成する必要があります。
何度もリトライした末、完全勝利した時の達成感が半端ないので、強くなるいいモチベーションになります。

「周回不要」の評価システム

高評価を取得しスコア5,000以上を目指す
高評価を取得しスコア5,000以上を目指す

「新宿奈落」はより高い評価でのクエストクリアを目指すコンテンツです(基準はターン数や残りHPなど) 。
1,000Ptごとに報酬を獲得でき、5,000Pt以上で完全クリアとなります。
一度最高評価を取ってしまえばOKなので、面倒な周回はなし!

一応ランキングは存在するものの特に報酬はなく、他人と競うことなくマイペースに遊べるのも魅力のひとつ。
スタミナを消費しないコンテンツなので、好きなときに何度でも気軽にチャレンジできます。

ポイント3:「お手軽」な通常イベント

イベントでは衣装やアクセサリも手に入る
イベントでは衣装やアクセサリも手に入る

うって変わって通常イベントは、気軽に遊べるのが魅力のコンテンツ。
実質的に特効ガチャもランキングボーナスもない良心的な仕様になっています。
イベントは既存のカードでも対応可能なので無理にガチャを引く必要はなく、たまにあるランボもほんのオマケ程度です。

クエストの周回は必要なものの、フルオート機能やスタミナ消費3倍モードもあるのでそこそこ快適。
スタミナの回復はゆっくり(10分に1回復)で消費しやすいので、のんびりプレイできます(回復薬はたくさん手に入る)。

ポイント4: ソーシャル要素(ほぼ)なし

フレンドやゲストからカードをレンタル
フレンドやゲストからカードをレンタル

ソシャゲでありながら、本当にソーシャル要素が少ないゲームです。
フレンド機能は一応存在するものの、使わなくても全く問題ありません。
マルチバトルやPvPなど他のプレイヤーを意識するコンテンツもほぼなし!
先日、初めてのレイドバトルが行われたのですが、ソーシャル要素はメギドの共襲イベント以下でした。

今月で2周年を迎えるゲームですが、他人と競い合わないので、いつ始めてもマイペースに楽しめます。

ポイント4:良心的な運営

復刻ステップアップガチャ
1周年記念UR【JuneBride】の復刻ガチャ

期間限定URカードは、無償石含む3万円分で天井が可能です。
ステップアップの途中では、限定UR確定チケット(キャラはランダム)や限定UR10~30%チケットももらえるという、かなり良心的なガチャシステムです。

今月のガチャは特殊な内容のためか、ステップアップガチャの仕様が変更されています(今後どうなるかは不明)。

基本的に恒常カードの方が強いゲームなので、限定URは性能が低めに設定されています。
URを完凸する必要は全くないので、むしろ重課金者への恩恵が少ないのが問題とも…。
不要なカードをポイント化して、好きなSSRカードと交換できるシステムもあります。

ポイント5:キャラの二面性とギャップ

「アイドル」と「戦闘人形」

死因に迫る過去の記憶を取り戻す
死因に迫る過去の記憶を取り戻す

メインキャラクターである9人の少女たちは、「アイドル」と「戦闘人形」という2つの面を持っています。
全員が実は死亡済みで、メインヒロインの死因は「外傷による多臓器不全」!
死んだサクラ(cv.本渡楓)がアイドルやってるので、実質ゾンビランドサガ(こちらのゲームの方が公開は先)。

パッと見はよくあるアイドルゲーっぽいですが、実はかなり重たいダークファンタジー路線。
イベントがゆる~いほのぼの系な一方、メインストーリーや少女たちの失われた過去の記憶は激重です。

キャラゲーとしても魅力的

5パーツに分かれた豊富な着せ替え
5パーツに分かれた豊富な着せ替え

今回はバトル面やシステム面を中心に紹介しましたが、実はキャラゲーとしてもかなり出来がいいゲームです。

充実した着せ替え要素やクラススキルによる性格の変化、フルボイスのカードシナリオ、豊富な記念日ボイスなどなど。
メインキャラが9人しかいないのでそれぞれが丁寧に描かれているし、3Dモデルのモーションもキャラ固有のものがたくさん用意されてます。

どの子も魅力的なので、ぜひ推しを見つけてほしい!

↓初心者マスターさんにおすすめの記事

当ページは、株式会社スクウェア・エニックス 「プロジェクト東京ドールズ」の画像を利用しております。
© 2017-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.