【コラボ初心者向け】リセマラの方法&序盤の進め方とコラボイベント攻略

2019年3月27日東京ドールズ, コラボイベント

VAコラボ TOP

ヴァルキリーアナトミアコラボをきっかけに、東京ドールズをプレイし始めた新規マスター向け。
メインストーリーやリセマラなどについて、序盤のTIPSをまとめました。
ゲームを始めて間もない場合でも、コラボカード+αがあればイベントクエスト超級3も回れます。

引き直しガチャ(11連)おすすめカード

公認wikiのリセマラ当たりランキング参照

引き直し11連ガチャ

ゲームを始めるとすぐに、何度でも引き直し可能な11連ガチャが始まります。
URの確率は3%、SSRの確率は9%です。
当たりカードについては、公認wikiのリセマラ当たりランキングが参考になります。
ただし、一部のカードは引き直しガチャからは排出されないので要注意!

イベントなどを手軽に遊びたい人向け

【殲滅騎兵】ミサキ

イベントやメインストーリーをお手軽に遊びたい人におすすめなのは、【殲滅騎兵】シリーズ。
初手で攻撃バフ付きの無属性大ダメージを与えられるカードです。
特にナナミは強い!

【ShinyFeather】シリーズ(引き直しで排出なし)と組み合わせると、たいていのイベントクエストは何とかなります。
ただし、高難易度クエストではほとんど使うことはありません。

高難易度ダンジョンを攻略したい人向け

【覚醒人形】アヤ

エンドコンテンツである新宿奈落(高難易度ダンジョン)を攻略したい人におすすめなのは、【覚醒人形】シリーズ。
とくにシオリは別格で、ヤマダやレイナも強いです。
スキルのコストが重いので、回転率を上げるためにサポート系のカードやクラススキルが必要になってきます。
環境が整っていない序盤は使い勝手が悪いカードなので、初心者マスターには不向きです。

【殺戮人形】シリーズは300円で購入できるので、リセマラで狙う必要性は低め。

リセマラはほどほどでOK

東京ドールズには、どんなクエストにも対応できる最強のカードはありません。
クエストごとに設定されたギミックに対応する必要があるので、カード単体の強さよりもカードの多様性が重要です(ただし、引き直しで排出しない【ShinyFeather】シリーズは、かなりチートなサポートカード )。

個人的にリセマラに関しては、好みのドールのURが1枚もしくはSSRが複数枚出たら終わりでも問題ないと思います。

チュートリアルでもらえるSSRカードの選び方

性能よりも好きなドールを優先

チュートリアル報酬SSR01

チュートリアルの最後に、報酬として好きなドールのSSRカードがもらえます。
いずれもやや型落ち感のあるカードなので、好みのドール、好みの衣装で選べばいいと思います。
性能で選ぶなら、アタッカーとして比較的使える【人形遊び】シリーズがおすすめ。
【黒ミサの時間】【天使の微笑】は、正直なかなか使う機会がありません…。

ガチャチケットの使い方

チュートリアル報酬SSR02

チュートリアル報酬のSSRカードは、チケットの形でプレゼントされます。
カードを手に入れるには、ガチャを引いてやる必要があります(ガチャ→チケットガチャ→○○限定SSRチケット)。

東京ドールズでは頻繁にガチャチケットがもらえるので、最初はため込まずにすぐに使ってしまうのがおすすめ。
とくにシルバーガチャチケット(SR以上確定)は入手機会が多いです。
SRとはいえクエストによっては有用なこともあるし、衣装も手に入るのがうれしいところ。

チュートリアルクリア後の11連ガチャ

11連ガチャ分のメモリアの貯め方

ビギナートロフィー

チュートリアル終了時点で2,500メモリア+αが入手できるので、もう少しゲームを進めると、11連ガチャを引ける3,000メモリアが貯まります。
ビギナートロフィーやノーマルミッションをクリアするのがお手軽です。

ビギナートロフィー

ビギナートロフィーの場所がやや分かりにくいのですが、トロフィー画面の左下にあります(ホーム→トロフィー(右上)→ビギナートロフィー)。
「受取」ボタンをクリックして、報酬をもらうのをお忘れなく!

全カードが排出されるがリセマラには不向き

とりあえずカードがないと始まらないので、すぐに11連ガチャを引いてしまってOK。
引き直しガチャと違って、すべてのカードが排出されます(期間限定除く)。
ただし、ガチャにたどりつくまで20~30分かかるので、ここでリセマラして目当てのカードを狙うのは難しいです。

どのガチャを引くべきか

【戦乙女】ステップアップ

時期によってガチャの種類がいくつかありますが、基本的にステップアップガチャを引くのがおすすめ。
各種おまけが付いてくるし、一定回数以上回すと確定ガチャチケがもらえるようになっている
(天井システム)からです。

ただ残念ながら、今回のコラボカードである【戦乙女】シリーズは、無償メモリアではステップアップが引けません。
初心者にも扱いやすい便利なアタッカーカードなので、出来れば期間中に手に入れておきたいところですが…。

おすすめのオプション設定

オプション設定
  • クオリティ…LOW(端末のスペックが低い場合)
  • ボイスロード…OFF(ロードの長さが気になる場合)
  • 振動…OFF(好みによる)
  • スキルスキップ…ON(デフォルト)
  • スケジュール完了のお知らせ…OFF(通知がたくさん来るため)

ゲームを本格的に始める前に、まずはオプション設定の変更を。
スキルスキップはデフォルトのままONにしておくことを強く推奨します(ONにするとタップでスキル演出を飛ばせる)。

東京ドールズはなかなか重いゲームで、ロードが長いのも難点。
回線や端末のスペックによっては、クオリティを落としてプレイするのも一つの手です。
ただし、ボイスロードをOFFにすると音声が流れなくなるので、なるべくONのままプレイすることをおすすめします。

メインストーリー1章を進めよう

クリアによる報酬・コンテンツ解放

SSR確定チケット
  • 第1話「バトル2」クリア
    • 「スケジュール」解放
    • 「フィール注入」解放
    • 「プレゼント」解放
  • 第3話「失われた記憶」クリア
    • 「記憶の奪還」解放
  • 第3話「レッスンコンプリート!」クリア
    • 「少女迷宮」解放
  • 第4話「はじまる、デビューライブ」クリア
    • ☆1武器入手
  • 第7話「知性の天秤」クリア
    • 「新宿奈落」解放
    • SSR確定ガチャチケット入手
  • 第8話「浄化ライブ、準備開始」クリア
    • ☆1武器入手
  • 第10話「悪魔の囁き」クリア
    • ☆2武器入手
  • 第13話「交差する思惑」クリア
    • SSR確定ガチャチケット入手

第7話までは最優先でクリア推奨

メインストーリー スチル

チュートリアルが終わったら、まず手を付けたいのがメインストーリー。
メインストーリー1章第7話まで進めることで、すべてのコンテンツが解放され、ウィークリーミッションもこなせるようになります。
戦闘に関する補足説明が受けられるし、メモリアや武器、ガチャチケットなども手に入ります。
クエストは非常に簡単なものなので、カードや武器を強化しなくてもフルオートで倒せるようになっています。

ヴァルキリーアナトミアコラボイベント攻略

難易度が高いクエストほど効率がいい

VAコラボクエスト

クエストには初級1から超級3までが存在し、難易度が高くなるにつれて、より多くのポイントを入手できます。
中級ぐらいまでならゲームを始めてすぐでも簡単に倒せるので、まずはクリアできるところまで一気に進めてしまいましょう。
詰まったら後述する方法で戦力を強化しつつ、出来るだけ難しいクエストを周回するのがおすすめです。

何ポイントまで走るべきか

報酬一覧
  • 144,000Pt コラボ限定衣装チケットすべて獲得
  • 195,000Pt コラボ限定武器すべて獲得
  • 260,000Pt 武器超越の宝石☆3
  • 410,000Pt メモリア×300
  • 530,000Pt 全報酬獲得

コラボ限定武器はログインボーナスでももらえるので、ひとまず260,000Ptの武器超越の宝石☆3を目指したいところ。
こちらは☆3武器の限界突破ができる非常に貴重なアイテムです。

コラボSSRカードを完凸するには530,000Ptが必要ですが、始めたばかりではなかなか厳しいかもしれません。
コラボカードはサブカードとしても優秀だし、完凸するとフラグメント(ガチャチケなどと交換可能)がたくさんもらえてお得です。

おすすめのカード

【戦乙女[レナス]】ヤマダ

コラボカードの【戦乙女】シリーズは、イベントクエストの特効カード。
防御デバフ付きの超ダメージが自由に2回打てる上に蘇生もできる便利なカードです。
持っているなら必ず編成しましょう。

今回の敵はSP吸収攻撃を使ってくるので、回数制スキルのカード(SPに依存せずスキルが使える)が便利です。
SSR【くノ一】【映画祭】【任侠の道】などがあれば、編成してみるとよいでしょう。

属性を意識して編成する

属性三すくみ

ハートはピュアに強く、ピュアはクールに強く、クールはハートに強い。
上の画像の通り、東京ドールズには3つの属性(+無属性)が存在し、三すくみの状態になっています。
余裕があるなら、敵の属性に合わせて、こちらが有利になるように編成するのがポイントです。

戦闘評価を高くする方法

戦闘評価

戦闘評価にはS~Dの5段階あり、この評価を高くすることでポイントがより多く入手できます。
今回のイベントクエストは、例外的にHPボーナスがかなりゆるくなっており、残りHPが50%を割っていてもS評価が取れます。

タイミングボーナスは、通常攻撃でなるべくBEST判定を取ることで評価が上がります(スキルのみで敵を倒した場合D評価)。
ガンはアタッカーとして最強ですが、最初は通常攻撃が難しいかもしれません。
タイミング評価が低くなる場合は、ソードやハンマーで攻撃してみるのもアリです。

超級3クエストサンプル編成

超級3編成
  • 【戦乙女[レナス]】ミサキ
    • 武器:紅宵銃・ダリア☆2
  • 【任侠の道】ヒヨ
    • 武器:白陽剣・イベリス☆2
  • 【SleepyBeast】ヤマダ
    • 武器:一七式特殊長剣☆1

ゲームをプレイ開始してすぐでも、この編成で超級3までクリアできました(3ターンBSS)。
武器はメインストーリー1章でもらえるもの、フィール注入なし。
ハート属性&ガンの【戦乙女】と【任侠の道】がガチャで手に入ったのが大きいですね。

クエスト周回はVP3倍モードで!

VP3倍モード

クリア済みのクエストは、次からVP消費を1~3倍まで選ぶことが出来るようになります。
基本的には3倍モードを推奨。
一度のクエストクリアで3倍の報酬が獲得できるので、周回が楽になります。

お試し配布されているVPアクセルパス(有償アイテム)なら、VP5倍モードで回すことができます。
別のイベントでは使えないので、忘れないうちに使ってしまいましょう。

さらに強くなるためにすること

ガチャを引く

【殺戮人形】シオリ

身もふたもないですが、一番手っ取り早い強化手段です。
序盤はメモリアがたくさん手に入りやすいので、すぐにガチャを回せるようになります。
メインストーリー1章までクリアし、いくつかミッションをクリアすれば、11連×2できるだけのメモリアが貯まります。

カードを強化する

カード合成

ある程度メインストーリーやイベントをプレイしていると、強化石が貯まってくるので、それを使ってカードのレベルを上げます。
カードの属性と強化石の属性を合わせると、取得する経験値にボーナスが付きます。
URカードは強化石がたくさん必要になるので、序盤は無理にLvMAXまで強化する必要はありません。

武器を強化する

武器強化

最初はメインストーリーでもらえる☆2武器でも十分です。
武器超越の粗石(☆1武器限界突破アイテム)が4つ貯まったら、今回のコラボ武器を完凸して、スキルを取得しましょう。
スキルダメージがアップするので便利です。
レベルを上げる際は、なるべく武器の種類と強化石の種類を合わせるようにしましょう。

武器を作成したくなったら、まずは祖罪武器☆2完凸か☆3無凸がおすすめ。
スキルはないものの、作りやすくATKも高い武器です。

注意すべきなのは、武器超越の宝石は使わないということ。
☆3武器の限界突破アイテムはかなり貴重なので、よく分からないうちは温存しておくべきです。
武器超越の粗石(☆1用)、武器超越の原石(☆2用)は次第に余るようになるので、自由に使ってOK!

フィールを注入する

フィール注入

東京ドールズで最も重要なのがフィール。
まずは全キャラのメインフィールをLv12まで上げて、サブカード枠をすべて開放しましょう。
さらにフィールのLvを上げると、クラススキルを習得し、ドール達が一気に強くなります。
詳しくは公認wikiの解説を参照。

フィールを集めるためには、デイリークエスト【フィール】を周回する必要があります。
月に1回のデイリークエスト強化期間に、集中的にフィールを集めるのがおすすめです。

ミッションをこなす

ウィークリーミッション

ビギナートロフィーは報酬がおいしいので優先的に終わらせ、ノーマルミッションも簡単なものはすぐにクリアしてしまいましょう。

デイリー&ウィークリーミッションも、それほど大変ではないので、なるべくこなすようにしたいところ。
メモリアや各種素材が手に入るので、序盤は特にありがたい存在です。

スケジュールをこなす

スケジュール

スケジュールは、一定時間放置することでフィールやアイテムが手に入る遠征システムのことです。
おすすめなのは、スタミナンVP10がゲットできる握手会(6時間)。
自宅学習(12時間)も同じくVP回復薬がもらえるので、こまめにゲームがチェックできない場合はこちらがおすすめ 。

デイリークエスト強化期間などに一気にクエストを回すためにも、VP回復薬は多めに確保しておくことが望ましいです。

当ページは、株式会社スクウェア・エニックス 「プロジェクト東京ドールズ」の画像を利用しております。
© 2017-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.