WiMAX2+は長期レンタルが一番安かったという話(DMMいろいろレンタル)

2020年1月19日その他

今回レンタルしたWiMAXの端末
DMMでレンタルしたWiMAXの端末

引き続き、ゲームとは関係なくWiMAX2+の話題です。

モバイルWi-Fiを安く使いたいなら、レンタル一択だったという話。
こんなにレンタルサービスが充実しているなら、わざわざ2~3年縛りでプロバイダと契約する意味がないなぁ…。

「DMM いろいろレンタル」とは

諸事情により固定回線を契約できないので、以前からWiMAX2+(ワイマックス)を利用しています。
BIGLOBEの2年縛りが終わり更新月になったので、別のプロバイダを探していたのですが…。

よく調べてみると、レンタルサービスのほうが安いということが分かりました。

というわけで、今年1月から、DMMいろいろレンタルを利用してみることに。
最長6か月、WiMAX2+の端末とSIMカードをレンタルできるというサービスです(延長も可)。
別途プロバイダ等との契約は必要なく、商品が届けばすぐ使い始められます。

「DMMいろいろレンタル」のメリット

とにかく利用料金が安い

一番安い端末(W01とW02)の価格表
一番安い端末(W01とW02)の価格表

DMMいろいろレンタルの最大のメリットは、とにかく料金が安いということ。

今回は一番安い端末・W02を選んだのですが、6か月レンタルで14,250円+送料1,100円でした。
つまり、月額約2,500円(税込)
ギガ放題(無制限使い放題)では、破格の安さです。

通常のプロバイダ契約だと、最安級のとくとくBBやBroad WiMAXでも、月額約3,700円だというのに…。
(しかも、3年縛りがあり、面倒なキャッシュバックの手続きも必要。)

2年縛り・3年縛りがない

WiMAX2+の契約につきものなのが、2年縛り、3年縛りというシステム。
途中で解約してしまうと、多額の違約金を支払わなくてはいけません。

レンタルの場合は、もちろん、そういった縛りはなし。
うっかり延滞したり破損したりしない限り、余計な費用は掛かりません(初期費用も不要)。
ただし、レンタル商品なので、料金は先払いで、途中で返却しても返金はありません。

レンタル開始日を選べる

カレンダーから在庫をチェック
カレンダーから在庫をチェック

DMMいろいろレンタルでは、商品の在庫さえあれば、好きな日を選んでレンタルを始められます。
レンタル開始日=商品到着日で、時間の指定も可能。

これが地味に便利でありがたい。
BIGLOBEの契約が12月末までだったので、今回は12/31からレンタルを開始しました。
(半日でもネットが使えないのは嫌なので。)

プロバイダと直接契約する時は、サービス開始日を指定できなくて不便だったからなぁ…。
月末契約にすると、初月割引・無料の恩恵を受けられなくてもったいし。

「DMMいろいろレンタル」のデメリット

レンタルできる端末が古い

古い端末ほどレンタル料金は安い
古い端末ほどレンタル料金は安い

DMMいろいろレンタルの最大のデメリットは、最新の端末を使えないということ。
比較的新しい端末も、人気が集中するせいで、なかなか思い通りにレンタルできません。

逆に、古い端末ならば、いつでも自由に借りられる上に、レンタル料金も格安です。
インターネットの速度はどうでもいいから、とにかく安くお手軽に使いたい人向けですね。

紛失・破損で2万円の違約金

本体を紛失された場合、違約金20,540円(税込)を請求させていただきます。
故障については、お客様の過失と思われるもの(水没や落下による破損)などは違約金を請求させていただく場合があります。

【公式】DMM モバイルWi-Fiルーター|国内向けWiMAX回線 – DMMいろいろレンタル

レンタル商品なので、万が一、紛失したり破損したりした場合、高額の違約金を払わなければいけません。
WiMAX2+の端末は、持ち歩く機会が多いものなので、とくに注意が必要です。

安心して使うためには、後述するように、別の端末にSIMカードを差し替えるという手があります。
我が家では、レンタルしたW02のSIMカードを、手持ちのW04に差して使っています。

6か月ごとに延長・返却が必要

延長はマイページからワンクリックで
延長はマイページからワンクリックで

レンタル期間は最長でも6か月なので、その都度、延長・返却の手続きが必要になります。

延長自体はネットで簡単にできるのですが、在庫状況によっては、延長できないこともあるとか…。
その際は、一度返却して、再び別の端末をレンタルしなくてはいけません。

延長はともかく、返却となるとちょっと面倒ですね。

佐川急便の時間指定に注意!

今回、レンタル予約をする際に、配達時間を19:00~21:00に指定しました。
(商品発送メールにも、ちゃんと到着時間帯の記載あり。)

ところが、佐川急便から届いた配達予定案内メールでは、なぜか「指定時間なし」になっていました。

幸い気がついて、事前に時間帯を変更できたので問題なかったのですが、これは結構困りますね…。
たまたまなのか何なのか分からないけど、一応注意しておいたほうがいいです。

白ロムにSIMカードを入れ替える方法

すべて自己責任で行うこと

本機のSIMを他の端末で使用したことによる破損・紛失に関しましては安心レンタル制度の適用外なります。
また、SIMを抜き差ししたことに起因される破損・紛失に関しましては損害金額を請求させていただきますのでご注意ください。

【WiMAX/モバイルWiFi】Speed Wi-Fi NEXT W02 | 国内モバイルWi-Fiのレンタルなら DMM いろいろレンタル

商品ページにも書かれている通り、SIMカードの入れ替えは公式では推奨されていません。

トラブルがあっても、すべて自己責任です。
ネットの解説などを読んでもよく分からないなら、やめておきましょう。

SIMカードのサイズに注意!

  • Nano SIM
    • W06
    • WX05
    • W05
    • WX04
    • L02
    • L01s
  • Micro SIM
    • W04
    • WX03
    • W03
    • WX02
    • W02
    • WX01
    • W01
    • L01

WiMAXの端末には、「Nano SIM」と「Micro SIM」という2種類のSIMカードが存在します。
基本的に、W04までの古い機種は、サイズの大きいMicro SIMです。

重要なのは、Micro SIMの端末をレンタルした場合、購入する白ロムもMicro SIMのものでなければいけないということ。
新しい機種だとスロットのサイズが違うので、SIMカードが入りません。

Micro SIMの端末の中で、一番新しいのはW04
我が家でも、以前Amazonで買った中古品(3,000円程度)を使っています。

もっと古い端末でもいいなら、1,000円以下で投げ売りされています。

SIMカードの差し替えは簡単

今回レンタルした端末(W02)
今回レンタルした端末(W02)

SIMカード差し替え作業自体は非常に簡単。
まず、端末の電源は切っておきます。

レンタルした端末(W02)のスロットカバーを開け、SIMカード(au Micro IC card)を取り出します。

以前購入した中古端末(W04)
以前購入した中古端末(W04)

あとは、取り出したSIMカードを、別途購入した中古の端末(W04)に差し込むだけ。
元々使っていた端末なら、接続設定も不要ですぐ使えます。

SIMカードの取り出し方&入れ方は説明書にも書かれているので、迷うことはないはず。
レンタルした端末や説明書は、返却まで大事に保管しておきましょう。

まとめ:WiMAX2+のレンタルがおすすめな人

  • とにかく通信費を安く抑えたい人
  • 縛りなしで気軽に使いたい人
  • 端末が古くても構わない人
  • 自力でSIMカードの入れ替えができる人

まだ使い始めて間もないですが、使い勝手が良かったので、ブログにまとめてみました。
上記のような人には、特におすすめできるサービスです。
(WiMAX2+だけでなくソフトバンク回線もあり。)

レンタル用のモバイルWi-Fiの存在は知っていたのですが、まさかここまでコスパ抜群だったとは!
別のプロバイダと3年縛りで契約する前に気づけて、本当に良かった…。
(当初はBroad WiMAXに乗り換える予定だった。)

ここまでレンタルが充実していると、個人的には、もはや縛りありのプロバイダ契約にはメリットを見出せません。